皆さんは、どんな時に「役に立てた」「立てなかった」と感じますか?
「役に立てなかった・・・」と、自分に残念さを 覚えたことはありますか?

「人の役に立ちたい」。

誰しも意識の差こそあれ、この思いを持っています。

そして、その思いを実現する方法は「直接的な行為を、直接的に相手に対してする」以外 にもあるのです。

本編では、終盤(13分49秒)にこんな言葉が出てきます。

自分を理解し、
自分を言葉にできる人が
どれほど人の役に立つか

この真意とは。

動画の最後には、「やってみよう! ~今回の推薦ごと~」もご紹介しています(#^^#)

危機予知感覚・対応能力開発を専門とする講師・松本による
「言葉の探究・洞察・分析」を是非ご体験ください

CLSTが提供する『言葉のおけいこ』とは?

私たちが着目するのは、「言葉」です。

そこを入口としてみると「意志」「根性」「才能」と関連付け、「自分は計画性がない」「飽きっぽい」などと、どこかで自分に思い込ませ、諦めさせなければならなかった課題に対しても、
・自分で(に)やれること
・自分のためにやってあげられること

といった具体策がみつかることがあります。

自分の「言葉」に着目し、言葉を通じて生まれている思考や行動を客観的に取り扱っていく力、方法を身につけることで、これまでとは違った自分に出会える可能性は十二分にあります。

トレーニングすることで自分の声が聴こえるようになり、自分を客観視する力が高まり、自分への信頼が向上し、自分とのパートナーシップが高まり、あらゆる場面で適確な対応が出来るようになる、始めの一歩となります。自分との親和性のある言葉は、人や場面を選ばず、生きやすさであったり、安心感のある人との関わりを可能にします。

ポジティブな言葉を使うようにする といった表側から入るトレーニングではありません。

ごく自然に思い浮かべて考える”いつもの自分”の内面から丁寧にアプローチし、ご自身のペースで掴んでいけるトレーニングです。

体験談をこちらでご覧いただけます
https://clst-sf.com/voice/kotobanookeiko/

★動画で、「言葉のおけいこ」の一端を感じて頂けることができます

『役に立つ ~黙る、引く~』

1分告知:https://youtu.be/tqniKE5wb2o
本編URL:https://youtu.be/wgF2mN4miRk

チャンネル登録、お待ちしています♪
https://www.youtube.com/channel/UCM-5ne68aduodGKV2t502zg

★【自分の声を聴く」ことが初めての方向け】
カフェでお茶をしながら、安心して自分を語り合える場をご用意しています

大阪で定期開催中
・西中島南方会場 https://clst-sf.com/koza_info/nm_kotoba/
・難波会場    https://clst-sf.com/koza_info/nmb_kotoba/

※少人数開催のため、お席が埋まりやすくなっております
関心をお持ちの方は、上記URLに掲載しております、各地の主催者まで直接お問い合わせくださいませ

★約5か月間にわたり、集中してトレーニングを受けることができます

「対話力トレーニング」体験講座 2018年4/15(日)@大阪梅田
https://clst-sf.com/koza_info/taiwa-osaka/

(体験講座のあと、連続講座が5/20(日)からスタート!)