個人レベルの人生の危機管理 生きる力、考える力を鍛え、「いざ」に対応できる自分になりませんか?

日常への活かし方

  • HOME »
  • 日常への活かし方

個人レベルの人生の危機管理
~生きる力、考える力を鍛え、「いざ」に対応できる自分になりませんか?~

でも、

  • 「いざ」ってどんなこと?
  • 危機管理は、“万が一”に備えるためだけのもの?
  • 自分のこんな思いについての解決・解消は難しいのでは?

いいえ!
いざという時のみならず、あなたの人生であなたが”より生きやすい”日常を手に入れることにつながります。

pen人生で起こり得る様々な危機に

penこれも「危機」!? 日常生活をより豊かに、あなたが望むものへ

penこんな思いを抱えていませんか?

 

人生で起こり得る様々な危機に

様々なシーンで起こり得ることへの準備や対処が可能です。

迷いや悩み、気持ちや考えが混乱してどうしてよいのか分からない

<Key Word> 家族・親族、仕事、お金、恋愛、人間関係、子育て、人材育成、介護

⇒ 問題点と優先順位を整理し、具体的な解決へと導く思考法とコミュニケーションをお伝えします

病気や災害、犯罪などの不安な気持ちが消えない消せない

<Key Word> 体調不安、震災リスク、いじめ、セクハラ、詐欺や盗難、ストーカー、ネット上のトラブル

⇒ 不安や恐怖に打ち勝ち一歩を踏み出す勇気を持てる考え方、知識やツールで備える方法をレクチャーします

 もっと充実感を得たい、もっと楽しみたい、自分を高めたい

<Key Word> 自己分析、資格取得、転職、ボランティア、新しい挑戦、目標達成、発見・発明

⇒ あなたの客観的な強み弱みを整理し、結果を得るための行動の継続をサポートします

住宅の購入、一人暮らし、新たに事務所を構えようとお考えの方へ
建築士とコーチ、両方の観点から住まいのコミュニケーションサポート

<Key Word> 転居、一人暮らし、物件選び、新築・増改築、設備、ご近所、瑕疵と保障

⇒ 立地や物件選定のコツ、仲介・施工業者、ご近所とのコミュニケーションについてアドバイスします

これら内容は、リーフレットでもご覧頂けます
↓(クリックで拡大)
mclab_leaflet_200px


 これも「危機」!? 日常生活をより豊かに、あなたが望むものへ

危機管理の成果が「いざ」という時にしか見えないものであれば、私も、ここまでトレーニングをすることに興味を持つことはなかったかもしれません。

自分にあることを「察知する力」、自分のことを他者に「伝えられる力」、何かある!と「ピンとくる感覚」。
これらは、日常の様々なシーンに活かすことができます。

以下はほんの一例ですが

  • 数量限定のランチを楽しみにしていたが、急な仕事を任された。今日は諦めるしかないのかも・・・(食べることが大好きな私には、間違いなく危機!)
    ⇒ 仕事を仕上げる時間を交渉する、協力者を現すなど、コミュニケーションすることで希望通りの時間に食事をすることができるとしたら?
  • この企画はどうしても実現したい!が、上司の賛同を得られるか・・・
    ⇒ 企画を適切に伝えることができ、協力を得ることができたら?
  • 明日は初デート!探し続けているものの、気に入る服がみつからない・・・
    ⇒ふと、今まで気が付かなかった横道を発見。入ったその先のお店で望む服がみつかったとしたら?
人の日常は、そうそう毎日大きな変化があるわけではありません。
そして、その日常を積み重ねて、私たちの未来は形成されます。


こんな思いを抱えていませんか?

  • 一人暮らしをしようと思うが、どんなところに住んだら、自分の身を守ることができるか
  • 人生で一番高額な買い物「家」の購入を検討している。が、家を購入した家族に、その後ご主人の転勤や家族の怪我や病気、不仲などよくないことが起きるということをよく耳にする。そんなことを起こさずに家を手にしたい  (※主宰の松本は2級建築士です)
  • 気がつくと目先のことでいっぱいいっぱい、 人生における優先順位を見直したい
  • 「何したい?何が欲しい?」そう問われて答えられなかった。人生はもっと楽しめるのではないか
  • 「自分がわからなくなった…」「自分はこれでいいのか…」自分の魅力や個性をもっと引き出し活かしたい
  • 世界や身近で起きる様々な事件はじめ、リストラなどの社会動向を受け、自分の身を守り、大切な人に何ができるか考えたい
  • やりたいことがないわけではない。やっていることがないわけではない。そして、なんとなく、これでいいのかと日々わいてくる。 「今、私に何ができるか」整理し、必要なことがあれば備え、研鑽したい
  • 組織として強みがぼやけてしまっているように感じている
  • 不確定要素だらけの現実において、強みを発揮し生き抜いていくために、今やることを明確にしたい
  • 自分の会社で生涯引き受けられたらとは思う。そしていつ何が起きるかはやはりわからない。いざという時、社員のために今取り組めることがあるのではないか
個人であろうと組織であろうと課題の本質に変わりはありません。
一人で思い悩んでおられるようでしたら、ぜひご連絡ください。

お気軽にお問い合わせください TEL 090-6290-9835 (松本) (※受けられない時には留守番電話に繋がります)

連載「対話力トレーニング」

2017年4月
第六回(最終回)を公開!

rensai2_300pxご自身と対話しながら読み進めて頂ける内容です。
是非、ご一読ください!  

・第六回 こちら PDF 約1MB
・バックナンバーは こちらから

【タイトル】 
聴く力・伝える力を身につける 
対話力トレーニング
著者:松本真紀子
【掲載先】
 呼吸・循環ケア
日総研出版 

講座開催情報

松本真紀子が講師を務める講座 全国で開催中です。
直近の開催情報はこちらからご覧ください。lec_120px

小冊子「危機と思考とプチハッピー」

全22ページ。20分程で読了いただける文量です。(個人差はございます)閲覧にはAdobeファイルが必要です。

↓画像をクリックするとPDFファイルが開きます(約4.1MB)

メルマガトレーニング登録

 「危機予知感覚を開発しよう!」
 【超基礎編】メルマガ
email:
お名前:
   

動画配信

Youtubeにて、様々な観点から動画配信をしています。
↓ここをクリック

CLST総合サイト

CLST(Create LifeStyle Support Team)とは、松本が思いを同じくする仲間と創作しているチームです
CLSTの活動内容については、公式サイトをご覧ください
PAGETOP
Copyright © 松本コミュニケーション研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.