個人レベルの人生の危機管理 生きる力、考える力を鍛え、「いざ」に対応できる自分になりませんか?

主宰より

  • HOME »
  • 主宰より

私はこれまで、コミュニケーションを通じて多くの方をサポートさせていただける機会をいただいてきました。

その過程では、予期せぬ人生の出来事に出会い、自分の夢を諦める人をたくさんみてきました。中には、夢や欲しいものを諦めるだけでなく、自分の人間としての能力や存在を疑ってしまう人もいました。

一度何かで夢を諦めた体験は、もうこの先、自分の人生は自分の思う通りにはならないと思い込ませてしまう力すらもっています。

私は、人生はいつでも思い通りにいくとは思っていません。
なんでも、願えば叶うとは思っていません。

そして人は、
人生が自分の思う通りにことを運んでくれなくとも、
望みが自分の望む通りの形で手に入らなくとも、
幸せや喜びを自分次第で手に入れることは
可能であると考えています。

個人レベルの人生の危機管理

人には本来、起きてくる現実に対し、適切に対応できる能力が備わっています。

危機(特に、命に係る事)は起きてほしくないと誰もが思っています。
そして、「起きる可能性はいつでも、誰にでもある」それが現実です。

あなたにとって起きてほしくないことを起きる前に防ぐことが可能だとしたら。
せめて、起きたときに、受ける影響を少しでも小さくできる方法があるとしたら。

私が提供している「個人レベルの人生の危機管理」は、「チャレンジしている人」「行動が旺盛な人」等へ向けた備えではありません。
自分の日常を「平凡」「何も起きていない」等と形容しがちな人にも、あなたが生きることを選択し続けるところにいるのであれば、危機を管理する能力、効果的、適切に対処できる能力は間違いなく役に立ちます。

「数量限定のランチが食べられるかどうか」
「旅行を思いっきり満喫できるかどうか」
「初デートを成功させられるか」
「時間と労力をかけた企画が実現するか否か」
こんな、日常身近な事態でも、十分に活かして頂けるものです。

さらには。

「後悔の種」「危機の種」という言葉、イメージできますか?

あの時これをしなかった、言わなかった、言えなかった…等々、ちょっとした悔い、気がかりを人生の中で積leaf_200pxみ重ねている方は少なくないと思います。後悔の種、危機の種は、手当てしなければ、まず、自分の中から取り除かれることはありません。すぐに影響が出なくても、昔の体験に影響を受け、すごく重要な場面でふと自信がなくなり、望む選択ができなくなることだって十分あり得ます。

後悔の種、危機の種を芽生えさせないようにするのはもちろん、もしも芽が出たら、それを速やかに摘み取れるように。これが、私の根底にある想いです。

危機(特に、命に関わること)は起きてほしくないと誰もが思っています。私もその一人です。
そして「起きる可能性はいつでも、誰にでもある」それが、現実です。

「事」が起きたらそれに対処するのは当然のことです。
そうではなく、事が起きる前に私たちにはやれることがあります。私たちは、「起きていない」ということの奇跡を、幸福を、忘れがちです。

「危機」なんて言葉を用いると、「そこまで大げさに考えなくても」「もっと気楽に考えようよ」「そんなこと考えているとかえって気が滅入ってしまいそう…」「何とかなるよ!」等々、危機という言葉に触れ思考を停止させてしまう方、考えることを避けるためにいろいろな理由を思いつく、現実に創り出す、誰かを非難してでも避ける方、まして日常目の前で展開されることと比較した時、優先順位が高くないという方など、私はたくさんの方に出会ってきました。

そして、ご自身の人生の中で、「自分のこと」を真剣に考え、「個人レベルでの日常に起きうる危機」について目を向けてみる。そんな時間を用意することの価値について、やはり私は声を大にして推奨します。
「24時間365日、危機のことを考えろ」なんて言いません。どうぞ安心してください(^^)
そして、自分の人生を真剣に考え、取り組んだ経験というのが人生に存在するのとしないのとでは、大きな違いがあります。

「まずは自分に体験させてあげる」、そんな感覚で、「個人レベルの人生の危機管理」に目を向けてみませんか?

松本コミュニケーション研究所 主宰
signature

お気軽にお問い合わせください TEL 090-6290-9835 (松本) (※受けられない時には留守番電話に繋がります)

連載「対話力トレーニング」

2017年4月
第六回(最終回)を公開!

rensai2_300pxご自身と対話しながら読み進めて頂ける内容です。

是非、ご一読ください!

 

・第六回 こちら PDF 約1MB
・バックナンバーは こちらから

【掲載先】
呼吸・循環ケア /日総研出版

講座開催情報

松本真紀子が講師を務める講座 全国で開催中です。
直近の開催情報はこちらからご覧ください。lec_120px

小冊子「危機と思考とプチハッピー」

全22ページ。20分程で読了いただける文量です。(個人差はございます)閲覧にはAdobeファイルが必要です。

↓画像をクリックするとPDFファイルが開きます(約4.1MB)

メルマガトレーニング登録

 「危機予知感覚を開発しよう!」
 【超基礎編】メルマガ
email:
お名前:
   

動画配信

Youtubeにて、様々な観点から動画配信をしています。
↓ここをクリック

CLST総合サイト

CLST(Create LifeStyle Support Team)とは、松本が思いを同じくする仲間と創作しているチームです
CLSTの活動内容については、公式サイトをご覧ください
PAGETOP
Copyright © 松本コミュニケーション研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.