CLSTにて活動をともにしております、吉川友紀からご紹介させて頂きます。

みなさんは、『苦しい時にこそ』と耳にしたら、続く言葉としてどんな言葉を思い浮かべますか?

苦しい時にこそ
・耐えてがんばる!
・成長の種がある!

こんなふうに感じる私としては、連載今回のタイトルの『苦しい時にこそ自分の力になってあげて』というタイトルを見たとき、ほうっ!?と思いました。

というのも、この言葉。これまで自分になかった感覚というか。ぜんぜん違う角度からふいに琴線にふれる言葉が届いたように感じて、しばし「・・・・」なんともいえない、柔らかい世界を感じたのでした。

連載はついに最終回です!!!

是非、ご一読ください!

→第六回 こちらから(PDF 約1MB)

~ バックナンバー ~

第五回 こちらから(PDF 約1MB)
第四回 こちらから(PDF 約2MB)
第三回 こちらから(PDF 約2MB)
第二回 こちらから(PDF 約2MB)
第一回 こちらから(PDF 約1MB)


【記事タイトル】
聴く力・伝える力を身につける 対話力トレーニング
著者:松本真紀子

【掲載先】
呼吸・循環ケア (旧名:呼吸器・循環器達人ナース)
日総研出版   2016年6月連載開始